塗装治具のハンガーとは

塗装治具のハンガーとは、設計通りの塗装を行うために、ワーク(塗装される物、被塗物)を吊るしたり、固定したりする治具です。自動車等の工業製品や住宅設備機器、産業機器、建設機械の部品を塗装するときには、ワークの材質や塗料の種類、塗装方法、仕上げ方法を考慮して、最適な塗装治具を用意する必要があります。塗装用ハンガーの材質には一般的に鉄が使われます。ハンガーに吊るして静電粉体塗装を行う場合、塗装治具の通電を確保しなくてはなりません。塗装後、ハンガーに付着した塗料はショットブラストや塗料剥がし剤(塗料剥離剤薬品)等を使って剥がし、洗浄等を行ったうえで再利用されます。

種類から探す

特長

フック等を付け替えられる塗装用ハンガーを多彩にラインアップ

岩田製作所では、フレームやフック等がすべて溶接された一体型ではなく、フック等のアタッチメントを取り替えられる多用途でフレキシブルなハンガー(塗装治具)を提供しています。塗装する部品に合わせて、ワークとの接点であるフックやアタッチメントを取り替えて使えるので、1台のハンガーを使い回して様々な塗装が行えます。多種類のハンガーを用意しなくて済むので、保管コストを削減することができます。また、フックやアタッチメントが折れたり、曲がったりした場合、破損したフックやアタッチメントだけを取り替えればいいので経済的です。塗装後に塗料を剥がす際にも、フックやアタッチメントの塗料を剥離するだけで済むため、手間が省けます。

ハンガー(塗装治具)の選定ポイント

塗装治具のハンガーを選ぶ際には、塗装方法(静電塗装、粉体塗装、電着塗装、カチオン塗装等)や塗布面の材質や形状に合っているかどうか、必要な耐熱温度をクリアしているかどうかをチェックすることが大切です。また、設計通りの塗装を行うために、ワークの最適な吊るし方や固定方法を検討する必要があります。岩田製作所では、静電粉体塗装(焼付処理)に適したハンガー、フック等を様々なバリエーションでご用意しています。静電塗装、粉体塗装に関して数多くの実績があるため、最適なハンガーやフック、クランプ等をご提案できます。一部の製品については、カチオン電着塗装向けの納入実績もあります。

ハンガー(塗装治具)のセミオーダー、追加工、オプション、特注品、配送について

標準品の塗装治具であれば、当日出荷でお届けします。セミオーダーや追加工は、注文から約3営業日後に出荷が可能です。お客様のご要望に合わせて、フレックス治具やビーム治具のサイズ調整や、フック等のアクセサリーの特注を1個から承ります。岩田製作所には、1点吊り専用ハンガーや先端やじり仕様など、様々な特注品を製作した実績がありますので、まずはご希望をお聞かせください。また、塗装治具ハンガーやワークの現物をお送りいただければ、最適なハンガーを設計します。

技術資料(PDF)

  • PDF Download 塗装治具
  • ・ハンガー荷重試験データ(参考実験値)
    ・パイプフック吊下げ耐荷重(参考実験値)
    ・ダブルソケットとストレートシャフトの組み合わせ耐荷重(参考実験値)
    ・ダブルフックとビームの組み合わせ耐荷重(参考実験値)
    ・マグネットホルダ吊下げ耐荷重(参考実験値)
    ・ゴムの一般特性
    ・メートルねじ
【公式】株式会社岩田製作所のハンガーのページです。
岩田製作所では標準機械部品の開発・製造から特注品まで幅広く対応しております。
ホームページでは、30,000点以上の製品仕様が閲覧でき、CADデータのダウンロードも可能です。
Icon Page Top
製品・サービスのお問い合わせなどお気軽にご連絡ください。
Icon 00
Icon 00
機械部品・FA 部品・安全対策品・塗装治具の通販サイト 岩田製作所
機械部品・FA 部品・安全対策品・塗装治具の通販サイト 岩田製作所
メニュー
×

言語を選択