レベリングシステム レベリングシステム

レベリングシステム(アジャスター、アジャストボルト)とは

レベリングシステムとは、工作機械・産業機械等のレベル(水平)調整、高さ調整に使われる脚の部品です。アジャスター、アジャストボルト、アジャスターフット、ジャッキボルト、レベリングボルト、レベリングフット、レベリングブロックとも呼ばれます。様々な装置や機器の基礎に使われ、アジャストボルトで調整することにより、精密なレベル出しを行います。円形や角形等のレベリングプレートに、細目・並目のアジャストボルトと締付ナットを組み合わせて使うレベリングシステムのほか、レベリングプレートとアジャストボルトが一体になったレベリングフットがあります。

種類から探す

特長

工作機械、産業機械の基礎に最適なレベリングシステム(アジャスター、アジャストボルト)を規格品として提供

岩田製作所では、重荷重用の様々な高さ、形状のレベリングシステムを在庫として取り揃えています。当社特有のアンカータイプのレベリングシステムを使えば、床面に固定でき、振動や衝撃に強い脚止めになります。レベリングプレートとアジャストボルトが別になっている製品は、上からでも取り付けがしやすく便利です。傾斜のある床面で水平を保つためには、焼入鋼球が20度まで回転して角度調整ができる一体型のレベリングフットがおすすめです。

レベリングシステム(アジャスター、アジャストボルト)の選定ポイント

レベリングシステムを選ぶ際には、機械の重量(耐荷重)、床からの高さ(清掃や点検等のために高さが必要かどうか)、床にアンカーで固定するかどうか等を確認します。レベリングシステムの材質には鉄やステンレス(SUS304)があり、食品機械等であれば耐食性に優れたステンレスが適しています。アジャストボルトの太さ(M12~36)によって耐荷重が異なるため、据付する機械の重量に合わせたアジャストボルトと、それに対応したレベリングプレートを選びます。アジャストボルトには細目と並目があり、細目のアジャストボルトであれば少ない力でも高さ調整が可能です。

レベリングシステム(アジャスター、アジャストボルト)の特注品、証明書、配送について

岩田製作所のレベリングシステムは、標準品は、16時までの注文受付で当日出荷が可能です。レベリングフットの床側面にウレタンを付ける等の特注品も1個から製作いたします。工作機械や産業機械等の据付時に、レベリングシステムやアジャストボルトの選定でお悩みの場合は、当社スタッフにご相談ください。お客様のニーズに合わせて、最適なレベリングプレート、アジャストボルトをご提案します。RoHS2指令、Reach等の環境物質調査、材料証明書、非該当証明書、検査成績書等の証明書発行も承ります。

【公式】株式会社岩田製作所のレベリングシステムのページです。
岩田製作所では標準機械部品の開発・製造から特注品まで幅広く対応しております。
ホームページでは、30,000点以上の製品仕様が閲覧でき、CADデータのダウンロードも可能です。
Icon Page Top
製品・サービスのお問い合わせなどお気軽にご連絡ください。
Icon 00
Icon 00
機械部品・FA 部品・安全対策品・塗装治具の通販サイト 岩田製作所
機械部品・FA 部品・安全対策品・塗装治具の通販サイト 岩田製作所
メニュー
×

言語を選択